若干21歳の僕ですが、いつ死んでもいいように「遺産」を作っています。

 

僕が、この記事を書いているのは10月18日(水)の朝。

人生は80年だー、なんていわれるみたいですが、僕はある経験からそう感じなくなりました。「いま生きていることが不思議」「明日、生きている保証はない」といま考えています。

 

ある経験とはなにかという話ですが、2016年12月28日の真夜中のお話です。

沖縄県宜野湾市で運営スタッフをしていたイベントが終わった日のことです。イベントが終わってから、打ち上げに参加し、翌々日に帰省を控えていたため、夜通しで無理して2時間の帰り道を原付バイクで走行していました。

空の天候は、ぽつぽつ雨が降っている。僕が走行している道は若干濡れている。

そんな中、自宅のある沖縄県名護市に戻っている最中のできごとです。

 

僕が乗っていたバイク、後ろに荷物を入れるようのボックスをつけていました。そのボックスを固定していたネジが、いきなり「ガシャン」と外れかけました。そのとき荷物を結構入れていたためか、車体全体が揺らされる形となりました。道路は若干濡れていて、すべりやすい、それに加えてバランスを崩した。

 

次の瞬間。

 

 

 

 

 

 

「あ、死んだわ」「まぢかよ」

 

 

 

 

 

 

そうです。バイクで横転していました。

「やばい」と考える暇もなく、「あ、死んだわ」がでてきました。それからの記憶があまりなく、充電残り20%のiPhoneでタクシーを呼び、自宅に帰っていました。(壊れたバイクは後日、バイク屋に電話して運んでもらいました)

 

長くなりましたがこの経験があるからこそ、21歳の僕ですが「遺産」をつくっています。いつ死んでもいいようにです。f:id:daikistep:20171018104431p:plain

(バイク事故でケガした足を手術し、手術がおわって全身麻酔から目覚める前の写真)

 

あなたは、いつ死んでも後悔がない状態ですか?

僕は、あの時死んでいたら、まだまだやりたいことはいっぱいあるし、伝えたいことはいっぱいあるしで、絶対に生霊としてこの世界に踏みとどまったことと思います。

 

しかし、「遺産」をつくるようになってからは、後悔することは減っていっています。

 

僕は、人の死は3回あると考えていて。

一回目は、自分自身の死

二回目は、血がつながった人が死んだときの遺伝子の死

三回目は、自分がこの世界に広げた「考え方」が途絶えたときの死

 

3回のうち、三回目の死を迎えたとたんに、自分自身が完全に死をむかえたことになります。三回目の死こそ迎えなければ、それはまだ「生きている」ということです。だから、徳永家康や豊臣秀吉らはまだ生きています。「考え方」や「生きざま」が現代を生きるぼくたちに刺激を与えてくれています。

 

ぼくもそうなりたいと思い、「遺産つくり」をはじめました。では、「遺産」をどのようにしてつくっているのかを紹介します。

 

いまはネット時代。当たり前のようにネットにつながり、ネットにつなげばたくさんの情報に触れることができる。この経験は、もうすでにしていることでしょう。

そして、思うにネットはすぐにはなくならない存在になっています。一秒後にどこかで殺人事件があったって、大地震が起こったって、大火事になったって無くならないものです。

そうですね。

 

それぐらいネットは規模を持って、強さを兼ね備えています。

だから僕は、「ネット上で遺産つくり」をしています。

このブログ、TwitterFacebook で遺産をつくっていっています。

 

「ネット上で遺産つくる?どういうことだ?」と疑問を持つ人もいることでしょう。

それは、「考えの遺産」です。後世のためにお金を残すことでもなく、物を残すことでもありません。自分自身の生き様や考えを残すのです。

そう、三回目の死、いわば完全な死を迎えることを遅らせるために。

 

見てもいただけると分かるかもしれませんが、僕の「ネット上の遺産」は考えや想いをつらつらと吐き出している状態です。

日頃から見てくださっている方はわかっていることでしょう。

 

生きてきて感じたことや、いま考えていること、未来の話を「遺産」としてネット上につくっています。

 

なぜ、ネットなのか、紙の日記ではだめなのかということに関しては、ネットはすぐになくならないが、紙だと災害が起こったらすぐになくなるし、手元になければ見ることができません。だから、すぐになくならない、どこでもすぐに見れる「ネット上」にしました。

 

という話を、先日あいぼんさんにあったときに初めてさせてもらいました。

あいぼんさんのブログ「あいぼん哲学」大好きで毎回読んでいます。

ぜひ、みなさんにも読んでほしいです。

 

*****

 

そうやって「ネット上に遺産つくり」をはじめたからこそ、いつ死んでもいいと考えられるようになったし、絶対に後悔はしないと感じているし、いまが楽しい。もし、この瞬間に心臓発作で即死しても、僕のやりたいことはこのブログに書いてあるから、僕の兄弟よ。代わりにやってほしい。僕の幼馴染の親友よ。どうか一緒に夢を叶ったってください。

 

僕の考えが、あなたのためにいつか来る日がある。

そう思って、遺産をつくっている所存。

 

*****

 

何かにしばられるているようでは、死ぬときに後悔することでしょう。だからこそ、日ごろから縛られないことと、やりたいことをやる姿勢を貫いていきませんか。

「ネット上に遺産つくり」をする僕が勧める、最高の本たちです。

 

 

 ひとつひとつの本から「いまを生きる」「後悔しないために生きる」という強いメッセージを受け取りました。「あ、死んだわ」という経験をしたからこそ、伝えられることはあると感じています。「遺産つくり」をはじめて一日が楽しくて、できることがたくさんあって、幸せないまです。

 

f:id:daikistep:20171018104739p:plain

 

f:id:daikistep:20171018104806p:plain

 

f:id:daikistep:20171018104829j:plain

 

 

(最後に、決して病んでいるわけではありませんので、ご安心ください)

 

 

それでは、また!

会いたい人がいるなら、まず動いてみよう。動くことでタイミングは作れる。

f:id:daikistep:20171018093951j:plain

 

人生80年。今日も死に近づきながら生きているわたしたち。

生きていれば、心のどこかで「会いたい人」は出てくるのではないでしょうか。芸能人に会いたいと思う人もいれば、スポーツ選手に会いたいと思う人、〇〇さんに会いたいと思う人、「会いたい人」は人それぞれいることと思います。

 

この記事を読んでくださっているあなたさま。「会いたい人」いますか?

今まで「会いたい」と思って人には会えてきた人生ですか?

 

もし、「会えてきた」というのであれば、それはあなたが動き、タイミングを待つのではなく作れているからです。そのまま動き続けてほしいと思います。では、反対に「会えずに終わった」というのであれば、自身の行動スタイルを変え、一歩でも前に進むことを勧めます。「会いたい」という気持ちだけ終わらせていませんか?ということです。

 

ここで少しだけ、個人的な話をさせてもらいます。

僕は、「会いたい人」にはことごとく会えてきました。最近聞く「引き寄せ」というものなのでしょうか。

以前、会いたい人がいる人へ、心を込めたメッセージ の中でこう書きました。

自分が「ふさわしき人」になると会うことが出来るという考えです。

 それは、会いたい人が自分に会いたいと思う人に成長するということです。

 

僕自身、常に「会いたい」と思ってもらえるように日々行動しています。そうすると、おもしろいように「会いたい人」が目の前に現れるのです。

先日もまた1人あってきました。

 

この出会いから思うのは、「会いたい人」がいるならば足を動かし、自分が成長しようということです。会いたい人にとって、ふさわしき人になるために成長するしかありません。そして、出会うタイミングを待つのではなく作るのです。

 

 そうやって、いままでに「会いたい」とおもってきた人には会えたのでした。

 「会いたい人」に本気で会いたいと思うならば、この本をおすすめします。

 

「出会い 引き寄せ」に関して、これからTwittetで主に発信していきますので、興味ある方はフォローをどうぞ。

まつぞのだいきをフォローする

 

 

 

それでは、また!

 

大学生の「フットワーク」事情について、フットワークが重くなってきた僕が解説しよう。

 

この記事では、大学生の「フットワーク」事情について、最近フットワークの重さが悩みの僕が解説していきます。

 

大学生って時間はたくさんあるにもかかわらず、全員が全員「フットワーク」軽いわけではありませんよね。行きたいイベントに行けなかったり、少しした集まりに誘われたけど行けなかったりするときってありますよね。

 

そのような「フットワーク」の重さに悩み、解消したい(軽くなりたい)と願う大学生のあなたに参考にしてほしいのが、この解説書です。

 

この解説書を読んだ大学生のあなたは、このときから「フットワーク」軽い系大学生 通称フッ系大学生になれること間違いなしです。

 

それでは、いってみましょう!

 

「フットワーク」が重くなる原因は人それぞれ

f:id:daikistep:20171015231925j:plain

 

そもそも、「フットワーク」ってなんだという声が聞こえてきそうなので、「フットワーク」の説明からします。

フットワークとは、1.スポーツでの足さばき、2.機動力(広辞苑より)

 

「フットワークが軽い」とは、ものの動きが軽快で、自由にうごくことができるさま(広辞苑より)

辞書で調べてみると、このように出てきました。

 

さっそく、「フットワーク」が重い大学生の原因は何なのかを考えてみます。

最近フットワークの重さが悩みの僕を例として考えていきます。

原因は、

・アルバイト

・学生団体の忙しさピーク時

・経済的な余裕の無さ

・気分がさがっている

・スケジュールの詰めすぎ

などがあげられます。特に重くしているのはやはりアルバイトと感じています。現在働いている勤務先がシフトを月で決めていくため、月初めにはOFF日やバイト日が分かるという状態です。この月シフト希望ってとても「フットワーク」を重くします。急なお誘いやイベント情報の取得で行きたい!と思っても、「あ、バイトだ」となってしまいます。こんな経験ありませんか?週シフト希望だと急なお誘いでも来週のことであればすぐさまシフト希望を書き直せるのです。だから、もうバイト選びは週シフト希望ができる場所だけやろうと決めました。

 

このように、「フットワーク」が重くなってきたと感じている大学生の悩みは様々なことでしょう。できれば「フットワーク」軽くいきたいが、すぐにはできないと思ってしまうかもしれません。

 

次に、去年まで「フットワーク」軽く大学生活を送っていた僕から、「フットワーク」軽くいくために必要なことを伝えさせてもらいます。(重さ解消のために生活を見直している途中で、少しずつ解消されてきました。)

 

「フットワーク」が軽い人と重い人の違いは、暇さではないか

f:id:daikistep:20171015233158j:plain

 

まず「フットワーク」の重さの原因として考えられるのは、「忙しさ」ではないですか。今月のスケジュール、何日暇な日がありますか?スケジュールが詰め詰めだと、「フットワーク」重くなるのは当たり前ですよ。今すぐ無駄な飲み会や集まり、ミーティングを消し去り、暇な日を増やしましょう。

 

スケジュールを暇にしてみたけど、まだ「フットワーク」が軽くならないと嘆く大学生さん、「モノを所有しすぎ」していませんか?モノを所有しすぎていると頭に余裕が生まれないため、スケジュールが暇でもそうそう簡単には「フットワーク」軽くなりません。

頭に余裕を出すために「モノ」を手放していきましょう。モノというのは、お金や知識、情報、所有物、自分自身のことです。所有しているモノを必要としている人にシェア・プレゼントしていくことで、自分自身の頭はかなり軽くなります。

独り占めしていても、誰も裕福になりませんからね。

 

「フットワーク」が軽い大学生と重い大学生の根本的な違いは「暇さ」です。暇でも重い人はモノを所有し過ぎているのではないでしょうか。

 

まとめます。

「フットワーク」はどのようにしたら軽くなるのか。

・月シフト希望のアルバイトではなく、週シフト希望のアルバイトを選ぶ

・スケジュールに余裕を持たせる

・直感で楽しそうと感じたら、まず動いてみる

・モノの所有をやめ、どんどん回してみる

 これを意識し始めるだけで、随分と軽くなりますよ。

 

暇になり、モノをシェア・プレゼントして、身軽になりましょう!

 

「フットワーク」が軽くなることのメリット

f:id:daikistep:20171015234358j:plain

 

ここまで、「フットワーク」軽くなるための方法を書いてきました。

では、「フットワーク」軽くなると、どのようなメリットがあるのか。

気になりませんか。

 

「フットワーク」軽くなることのメリットは5つあります。

行動力があがる

「やってみよう!」「とりあえずやろう!」という前向きな気持ちがついてくるため、自然と動く範囲が広がります。

 

興味の幅が広がる

行動力を生かして、様々な場に顔を出していると、人脈が広がります。そうやってたくさんの人と話すことで、自分にできそうなことややりたいことが増えていき、興味の幅が広がっていきます。

 

チャンスを逃さない

もし尊敬している人から急にご飯に誘われたとき、できれば行きたいですよね。そのときに「フットワーク」が重いとチャンスを逃していると同じです。軽く動いてたくさんの場所に行くことでチャンスは転がってきて、確実に自分の手にすることができます。

 

勉強できる

スケジュールに余裕を持たせておくと、勉強する時間ができます。勉強しない大人は世界から取り残されるだけです。ぜひ、「フットワーク」を軽くし、勉強していきましょう。これから来る未来に備えたり、未来を作ったりしていきましょう。

 

思考の切り替えが早くなる

一つのことにこだわり続けることがなくなります。成功しても失敗してもです。一喜一憂することなく、毎回ハイパフォーマンスで日常生活を過ごすことができます。

 

この5つのメリットを今回はあげましたが、他にもあります。実際に「フットワーク」軽くなったときに、体感してみてください。

 

まとめ 明日からあなたも「フッ系大学生」になろう

f:id:daikistep:20171015235708j:plain

 

大学生って時間あるのに行動力がないよね。と言われないようにたくさんの時間を有効利用し、成長していきましょう。「フットワーク」が軽くなればなるほど、成長スピードもあがっていきます。忙しいなかで勉強しようとしても身になりません。暇になって、たくさん勉強して、興味の幅を広げて、のびのび生きていきたいものです。

 

 

 

あなたの大学生活が、「フットワーク」軽い4年間になりますように。

 

 

 

 

それでは、また!