21歳の男が結婚について考えてみた

 

親から「来年お兄ちゃんが結婚するかもよー」とラインがきた。

その報告を受けて、僕は「そうなんだー」とだけ送っておいた。

 

”普通”のひとだったら、「まじ!すごいね!」「おめでとうだね!」と

少しテンション高めの様子で返信をするだろう。

 

だけど、テンションもくそもなく「そうなんだねー」とだけ送っておいた。

お兄ちゃんのことが嫌いだから祝えないという気持ちでもない、嫉妬の気持ちがあるわけでもない。

 

結婚するという感覚がよく分からないからだ。

結婚する人たちが「幸せになります!」とか言っているけれど、

結婚するからといって幸せになれるわけではない。

 

ぼくは結婚していないけど幸せだ。

(たまに幸せではなくなるけど)

 

結婚して子どもができて、ハッピーなライフ。

とか思っている人がいるらしいけど、全然理解ができない。

 

結婚を否定しているわけではなく、ぼくが感覚を理解できない人だから

こう言っているだけ。

 

親は勝手にこどもを産んで、育て、20歳超えたあたりから「自分で生きていきなさい」とか身勝手なことを言っている。

こっちは産まれたいとも言っていないのに、勝手に産む。

その産まれる家庭さえも子どもは選ぶことができない。

それをひとは運命と呼ぶらしい。

 

ぼくは天皇の家庭にうまれたかった。

 

お金もちの家庭に生まれれば、お金が家庭よりかは楽だろうし。

勝手に産まされたという感覚でいま生きているのだけど、なぜ生きていくためにお金を稼ぐ必要があるのか分からない。

勝手に産んだなら、死ぬまでめんどうを見てくれと思っている。

 

だから、結婚からの出産という感覚が分からない。

子どもを作らずに、一緒に暮らしているだけという人たちが周りになかなかいるのだけれど、その人たちはだいすきだ。

勝手に子どもを産んでいないから。

 

この世に産まれたら、「生きる」ということをしなければならない。

「生きる」っていうのはなかなか面倒くさい。

酸素を吸って、二酸化炭素を吐くだけではだめらしいからだ。

 

結婚ですか。

 

魅力はどこにあるのでしょうか。

 

自分一人でのんびり生きていくスタイルが、

もっとも自分らしいと考えているので、

結婚の話についてはテンションが上がらないという所存。

 

 

 

それでは、また!

地域移住を考える大学生が読んでおいた方がいい本を紹介する

f:id:daikistep:20180622205924j:plain

 

「新卒フリーランス」

「地域移住」

「地方」

「田舎」

「地域活性化」

いまの大学生は、このような言葉を好きな人が多いように感じています。

就職しなくても生きていける時代になったからこそ、

新卒フリーランスで地域に生きるという選択肢を取る人もいます。

かくいう僕も、そんな一人になろうとしています。

 

僕の場合は、単純に「地域に逃げる」タイプです。

逃げてから仕事は考えてみるという周りから確実に心配がられるスタイルです。

だけど、僕は逃げます。

 

今回は僕と同じように、就職しないで新卒フリーランスになる人、地域移住をする人におすすめしたい本を紹介します。

 

コミュニティについては勉強して移住しよう

f:id:daikistep:20180622210919j:plain

 

地域というのは人のつながりで成り立ち、維持できている。

僕はそう考えています。

だからこそ、僕は地域移住する前にコミュニティについて勉強しようと思いました。

その勉強の過程で読んだ本を今回は取り上げていきます。

 

コミュニティデザインの時代 山崎亮

 

稼ぐまちが地方を変える 木下斉

 この2冊はこれから地域移住しようと考えている大学生におすすめします。

 

コミュニティという言葉だけが先走り、本質が見えていなかった僕ですが、

読んでみて、曇っていた本質に晴れ間が見え始めました。

 

コミュニティデザインの時代に関しては、時間を空けてから再度読み直してみようと思います。

 

 

それでは、また!

ドローンを使って仕事するなら【スカイエージェント】

f:id:daikistep:20180622194703j:plain

 

「ドローン空撮を仕事にする」

僕は2017年7月にそう意気込んでPhantom3を購入しました。

その2カ月後に自分で買った機体は水没させてしまい、現在はPhantom4proを使用ながら、沖縄本島を中心に空撮しています。

 

「ドローン空撮を仕事にする」

沖縄にある空撮会社の方々にこういうと、「簡単ではないぞ」「何言ってんだ」と言われました。だから、僕は決めました。

フリーのパイロットで生きていくと。

 

そんなこんなで今日までやってきました。

フライト時間は2018年6月時点で65時間に達しました。

まず目標フライト時間の100時間まで半分を切ることができました。

安全第一で飛行させることができ、とても安心しています。

 

そして、知り合いなどの個人に空撮をお願いされて、今まで10件ほど撮らせていただきました。現在は、SUPレースの空撮練習をやっています。

 

しかし、思ったんです。

「ドローン空撮を仕事にする」って、しかもフリーでやっていくって、

本当に大丈夫なのかな、と。

 

だから、少し視点を変え、ドローンで就職できる会社をまず知ろう、調べてみようと思いました。

 

そんななか見つけたのが

ドローン系即戦力人材のための会員制転職サイト【スカイエージェント】さんです。

ドローン界隈でも有名な千葉功太郎さん(@chibakotaro)が投資家兼アドバイザーについています。

スカイエージェントへの登録はこちら

 

【スカイエージェント】のここがすごい!

f:id:daikistep:20180622200940j:plain

 

・職種が多い

・勤務地が日本にとどまらず、海外まで

 

ここが【スカイエージェント】のすごさではないかと思います。

ドローンパイロット以外にも、ディレクター、コンサルタント、映像制作スタッフに興味がありますね。

ドローンパイロット×〇〇のスキルがあれば、上記の職種いくつかで勝負できそうです。僕も現在、自身が空撮したもので映像制作を勉強しているところなので、ぱいとっろの人たちは自然とスキルの掛け合わせをやっているのでしょう。

 

そして、なんといっても勤務地の数が多いことは惹かれます。

なかにはまだ求人が無かったり少なかったりする箇所もありますが、8割の箇所で1件はあります。

(ちなみに沖縄県はまだ求人がなかったです。)

海外でドローンを仕事にしたいと思って、どこから情報を入れていけばいいのか分からないので、【スカイエージェント】のように準備されているのは非常に嬉しいですね。

 

【スカイエージェント】が選ばれる理由

f:id:daikistep:20180622201955j:plain

f:id:daikistep:20180622202013j:plain

f:id:daikistep:20180622202040j:plain

 

真剣にカウンセリングを受けに行こうかと検討しています。

どう活かせるのか、フリーでやっていけるのかなどを。

 

ドローンを使って仕事するなら【スカイエージェント】

求人などを調べた結果、大阪や東京はやはり案件が多くて、充実していました。

そちらも視野に入れながら、【スカイエージェント】で気に入りそうな会社を探していこうと思います。

 

「ドローン空撮を仕事にする」

引き続き頑張っていきます。

 

 

それでは、また!